ムーミン展に行って来ました

ムーミン展ポスター

デパートの美術館で開催している
ムーミン展の招待チケットがあったので
今日、母と観に行ってきました
本の挿絵として描かれた
原画が何点も展示されていたのですが
実際本に載せる実寸で描いていたのか
すごく小さい作品ばかりでびっくりしました

その小さいスペースに
インクとペンの線のみで緻密に
キャラクターと自然が描かれていて
デッサン力を感じましたね〜

 

とにかく、作品数が多くて
しかもたくさんの人が訪れていたので
並んで観ていたら
かなりの時間が
かかってしまいそうだったので

適当にはしょりながらの鑑賞だったのですが
それでもなかなか見応えがありました

でも実は私
ムーミンはシリーズのうち1冊だけ
文庫本で読んだ事があるだけで
もし、もっと読んでたら
「あ!この絵はあの話のあの場面の原画!!」
ってさらに感動できたのかなぁ〜と
ちょっと思ったりもしました

 

この展覧会に限らずですが
銅版画など小さい作品の時でも
額の大きさはそれに合わせて
小さくするのではなく
あえて大きいサイズにして
まわりのマットの面積を広くとる
という額装をしていることがよくあって

こういうのも面白いよな〜なんて
自分の展示のことも
考えたりして(笑)

でもそれこそ
ここまで有名な方の作品ならいざ知らず
また個展のような
じっくり観てもらえるスペースで
あるならまだいいのですが
クリマのようなイベントだと
かなりレイアウトを工夫しないと
スルーされてしまいそうです(^ ^ ;

 

観終わったら
グッズ売り場を物色して
休憩がてらお茶をして

帰りにたまたま通りかかった
生花コーナーで
母の日用のかわいい
アレンジメントがあって

これいいよね、買おうかとなって
注文してしまいました

これで今年の母の日はばっちり(笑)

 

さて。
もう5月に入ってしまったので
準備の方、加速させていかないと
さすがにまずいです……

もちろん新作は
たくさんあった方がいいですが
過去の展示作品で売れてないのも
せっかく描いたのに1回だけで
そのまましまってしまうのは
もったいないので
また何点か再展示しようかな?とも
考えています


コメントする

お気軽にどうぞ。お名前(HN可)は必須です。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>